腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

妊娠と腰痛

FrontPage

妊娠と腰痛

妊娠により、子供の成長で腰にかかる負担は正常の数倍に
及びます。

この為、腰痛が発生するのですが、この腰痛は慢性には
なりません。

出産すると治ります。

これは、腹筋が一時的に力を失い内臓が前にせりだして
起こる事で、出産後は腹筋に着く脂肪を減らせば腰痛は
その後起こる事はありません。

注意しなければならないのは、妊娠時に下半身を
冷やすと、その後の腰痛が残ります。

妊娠時の腰痛は、下半身を冷やさぬ事が慢性腰痛
予防になります。

妊娠すると、腹が大きくなり、背骨は腹側に引っ張られる
形になり、一時的に腰痛になります。

これを防ぐ為には、腹筋を鍛えておくことですが
腹筋が常時引っ張られる状態では腰痛を防ぐ事は難しく
一時的腰痛に成りがちです。

一時的腰痛を緩和する為には、足の指を締め付けない
靴を履き、5本指靴下を履くことが必要です。

それでなくても、腰の周りの筋肉を緊張させなければ
ならないのに、足の指からの緊張が加われば、腰痛は
確実に起こります。

妊娠したら、足指を締めない靴と靴下で妊娠時の
腰痛を予防し、楽な妊娠、出産を目指してください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional