腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

妊娠初期の腰痛

FrontPage

妊娠初期の腰痛

妊娠初期は赤ちゃんが大きくなる速度が速く、妊婦の体の
重心が取れない内に体重が変化する為に、どうしても
腰の筋肉に無理が発生して腰痛になるようです。

妊娠前に腹筋を鍛えておいても妊娠の変化に追い付かない位
なので、腰痛が発生する場合が有ります。

主原因が、筋肉の疲労なので、疲労を溜無いで於けば腰痛にも
ならずに済むので、普段の生活に気を付けるのが良い様です。

前後の動作と、長い間立ち止っている状態は、腰の筋肉を
疲労させるので、こまめに椅子等に腰掛け、疲労を防ぎます。

膝から下を冷やさない様に、秋から冬にかけては下半身に
厚着をして、足の血行を良くする事も心掛けてください。

外出時は、温度変化の少ない時が最良でしょう。

こうしておけば、腰痛の予防に万全です。

長く歩く時には、杖の様な支えが有ると腰の筋肉の疲れを
低減出来ますが、慣れないと効果が出ないので、階段等の手すりを
利用するのを躊躇わず実行しましょう。

特に注意するのは雨降りの日で、雨に濡れると思ったより
体が冷やされ、腰痛の原因になります。

雨が降りそうな時は、万全の用意が必要です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional