腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

年齢と腰痛

FrontPage

年齢と腰痛

腰痛は、全ての年齢層で有りますが、10代が一番少ないのは
肥満していない為、腰痛になり難いのと、靴と靴下で足指が
軽度の変形に留まっている為で、これが20代から序除に増え出すのは
腹筋と背筋の弱体とし指変形の固定化に依る様です。

驚くのは、9歳以下の腰痛有訴者率が248有る事で、これは
親がいかに勉強不足かを物語っています。

9歳以下で腰痛の有る子供は、以後慢性腰痛と、内臓疾患になり易い
事になり、その子の将来に大きく影響するはずです。

どこでも1-2歳の子供の靴は正に腰痛を起こさない健康靴の
形をしていますが、以後の靴は全て腰痛製造靴に変わっています。

参考までに、
健康靴とは「健康靴のページ」を御参照ください。

その為に、腰痛人口が増えている様ですし、なかなか減らない様です。

世のお母さんにお願いです。

子供さんが履く靴は、踵よりつま先のほうが広い靴を履かせてください。
靴下は5本指靴下か、足袋にしてください

この2点を守れば9歳以下の腰痛は一掃する事が出来ます。

このままでは、正に日本沈没になりかねません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional