腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

年齢と腰痛2

FrontPage

年齢と腰痛2

腰痛有訴者率は、50、60,70、80歳代と年齢が上がると
上昇していきますが、いろいろな原因が考えられます。

  • 運動不足
  • 筋力低下
  • 関節不稼働を放置
  • 肥満
  • 足指関節変形の弊害
  • 骨骨粗鬆症
    などなど

よく、歳を取ると体が硬くなると言われていますが、これは
関節不稼働部を放置している為に、関節が石灰化して関節が
完全に動かなくなる為に起こる事で、普段の生活で左右の体の
動作を比較していれば、分かります。

そして、差が有れば対策を講じていれば、いくつになっても
病気で体に変調が無い限り、腰痛になり難い体で居られます。

今までは、日本は素晴らしい保険制度がりましたが、これからは
保険制度が徐々に崩壊してゆき、全ての治療が高額になってゆきます。

そうなると、病院に気軽に罹る事も困難になります。

自分の体は自分が一番分かっている筈で、そうゆう体制にしなければ
損をするのは自分自身です。

しっかりメンテナンスし楽しく暮らしましょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional