腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

慢性腰痛がもたらす事

FrontPage

慢性腰痛がもたらす事

慢性腰痛の人は、まず股関節が固くなり、背骨の関節が
動かなくなり体が硬くなり、老化が早くなります。

腰痛の為に、腰の筋肉を極力使わないように体が自分で
運動の制限をしてしまうからです。

そうなると、当然背骨の動きも制限しなければ釣り合いが取れず
背骨全体の動きが制限され体が硬くなる老化が始ります。

そうならない為にも、腰痛は解消しておかなければなりませんね。

背骨の動きが制限されると、内臓の新陳代謝にも影響を与えて
低下させることになり、疲れ易く疲れがいつまでも取れない
体質になってゆきます。

また
足が弱るのが早まりその点でも老化の現象が現れやすくなります。

確かに腰痛は今直ぐには生命の危険がある病気ではありませんが
長い目で見れば、知らずに忍びよってくる点で注意が必要です。

人間の体は、良いものはより良くなりますが悪いものはより悪く
なってゆくものです。

現状維持は、不可能のとさえいえます。

この点を考え腰痛に対処する事が良いようです。

仕事が忙しく腰痛を放っておくと後で痛い目に会います。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional