腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

慢性腰痛になると

FrontPage

慢性腰痛になると

慢性腰痛になると、腰をかばう為にまっすぐ立つのが億劫になります。

もし腰痛のある人が普段でも(腰痛時で無い時)まっすぐ立てなければ
慢性腰痛です。

この姿勢になる原因は
1、腹筋が伸びにくくなっている
2、背筋の筋力が弱い
3、背骨がねじれている

のうちのどれかと考えられます。

2つ以上が重なっている場合も有るので、それはお教えする方法で
試験してみてください。

1、腹筋が伸びにくくなっている場合
腰痛のない時にあおむけに寝て、腰に座布団2つ折りをあてがい
足を膝から曲げる。

丁度正座して上半身を後方に倒した様な姿勢が出来るか?
出来ればOKです。

2、上半身をベッドから出して1分平らに保持する。出来ればOK.

3、体をねじって見える範囲が左右で異なるか?同じならOK.

全部だめな人は、現在腰痛がなくても、要注意です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional