腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

慢性腰痛の人に御注意

FrontPage

慢性腰痛の人に御注意

慢性腰痛の人は、足に行く血管と神経を圧迫している人が多いです。

痛みが無くても、常時神経が圧迫されていると神経が細り、足の新陳代謝が低下して人より早く足が弱ってきます。

老いは足からと言う様に足が弱れば、何時までも元気で溌剌とはいかなくなります。

特に、60を過ぎると肉体は、老いてきますので60までにはどんな事が有っても腰痛を治しておきたいものです。

40代で治療を始めると1年位で良くなりますが、50代で始めるともう少し長い時間がかかりますが、腰痛は治るので必ず治して置く事をお勧めします。

60代を超えると慢性腰痛は、本当に治し難くなり時間も飛躍的に長くなります。

最大の原因は、関節の骨化が一部で始まるからです。

関節が骨化すると、関節が完全に動かなくなり治す事は不可能になります。

この骨化が慢性腰痛では、早くから始まるのも問題です。

もろもろを考えると、上記の様な年齢の時に完治させておくほうが人生で後半を
病気で寝たきりにならない為にも、心に留めて置いてください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional