腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

朝起きた時に腰痛を感じる

FrontPage

朝起きた時に腰痛を感じる

朝起きた時に腰痛を感じる人は、体の前側の筋肉が
縮んでいる人で、寝ている間、前側の筋肉を引っ張っているので
朝起きると腰痛を感じます。

原因は
人間は、生活する時に、後ろに反らす行動は取らない事が
原因で、どうしても前側に倒す行動に偏っている為
寝ている時に前側を引っ張った状態になり、腰に
負担が掛かるようです。

此の様な症状の人は
寝る時に、膝を曲げて寝ると朝起きて腰痛を感じなく
なりますが、膝の下に座布団を2つ折りにして敷いても
腰痛を防ぐことが出来ます。

恒久的な対策は

毎日1回、前側を反らせる状態を作る事です。

方法は、

  • 寝床で上を向き膝を曲げて、尻の下まで持ってきます
  • 腕を耳の両側につけます
  • その時、手の指は開いて反らせます
  • この状態で15分保持します。
  • 終わったら、足を尻からゆっくり外して伸ばし2分休みます。

これを毎日行うと、体全体がリラックス出来て、ゆとりが
生まれるので、毎日の動作が素早くなります。

年を取って体が硬くなったと言うのも、この運動をして
いなかったからです。

さあ、腰痛を退治して、何時までも若々しい生活を。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional