腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

漢方での腰痛の取り方

FrontPage

漢方の腰痛の取り方

漢方では、腰の痛みを取る為に流注に沿った刺激をして
痛みを取る方法が一般的ですが、その他特効のツボと
言うものも存在しますので、腰の痛みを取る方法は
数多く存在することになります。

或る治療者は、手を治療して腰の痛みを取る方法を
使ったり、体側を治療して痛みを取る事もあります。

痛みの有る人の状態を診て、その痛みが何処から来ているか
を、判断してその人に最も適したツボを使い治療します。

その為に、同じ様な症状(腰の痛み)でも全く同じ治療は
しないのが普通です。

知人の治療を見ていて、自分も同じ症状なのにどうして
治療法が違うのか合点がいかない時には、思い出してください。

又、或る治療家は、Aの方法を使い別の治療家はBの方法を
使うと言う様に、違いが出てきますがこれも、漢方では
当然の事で、同じ治療家でさえ、春夏秋冬で違うのが
普通です。

その為どうしても理解出来ず、敬遠される事が出てきます。

漢方は、春夏秋冬、月の干満、その人の現在の陰陽等を
総合して判断し、治療に当たるので無限に近い治療法が
出てくる訳です。

西洋医学の様に論理的で分かり易いと良いのですが
漢方の複雑さから、どうしても使い難いので
使わないと損をする事に成るかも知れません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional