腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

漢方での腰痛の対処

FrontPage

漢方での腰痛の対処

東洋医学での腰痛を取る方法は、腎系の治療を行い
その後痛みを取る治療と2段階の方法を持って行う様です。

腎系の治療は、腰の痛みの根本を治療し、痛みを取る治療で
毎日の生活を少しでも軽快にするのが目的です。

一般的には、湧泉、照海、陰都等を使い腎系の働きを
活発にし、腰の痛みを直接取る為に、主に下肢のツボを
使って、腰の痛みに対処します。

漢方では、腰が痛いからと言って腰に鍼灸をする事は
多くありません。

むしろ痛みの有る所よりは離れた所で、根本を治療し
痛みを取る方法が一般的です。

その為、治療後直ぐに痛みが無くなる事は稀に切りなく
殆ど何回かの治療を通じて快方に向かいます。

直後に腰の痛みが取れる場合は、下半身の冷え等の為に
起る腰の痛みで、以後下半身を冷やさない様にしなければ
なりません。

漢方では、腰の痛みに対処するのに、ただ1つの方法ではなく
多くの方法がありますので、治療する人に依りまた腰痛の
種類に依り方法が異なる事有りますので注意が必要です。

以前に1つの方法で痛みが取れたから同じ方法でと
思っているの違う方法なので痛みが取れなかったと考える
方もいらっしゃるかも知れませんが、季節に依っても
方法が異なる事すら有りますので、相手を信用して
罹る事をお薦めします。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional