腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

生理が原因の腰痛

FrontPage

生理が原因の腰痛

生理が原因の腰痛に悩まされている女性が
結構いますが、その為の治療、対策は
殆ど取られていないようです。

何故、生理の時に腰痛が起こるかは、
個々の事例で異なるので省略しますが
生理が来ても、腰痛を起こさず過ごせれば
良いのではという発想で、対策を立てると

  • 体全体の機能が低下
  • 食事のアンバランス
  • 生殖機能の不全

に分けられると考えられます。

そこで、

1、体全体のバランスを取り機能を充実させる方法が

   取れれば問題無い訳です。
   その為には
 A,食事は、偏り無く取る。
 B,食事の時間をなるべく同じ時間帯の取る。
 C,軽い運動(掃除、洗濯等)を毎日する 。
 D,下半身を冷やさない。(冬には必ず下半身に下着着用)
 E, ハイヒールを使用しない。
 F,足の指を締め付けない。
 
以上を守ると、下半身が温まり、生理が順調になり
生理時に腰痛が起こる事を防ぐ事が出来ます。

何故なら、

満遍なく栄養を取り入れると、生体の活動が
活発になり、自然に自分の体を自分で治す
自然治癒力が強くなります。

更に、軽い運動で、新陳代謝が促されます。

下半身を冷やさないのは、足の踝から手の指5本程
上に上がった所に、婦人には大切な穴(つぼ)が
有り、そこを刺激するだけで、婦人科系の病気が
軽くなる所があります。

生理不順の多くが、下半身を冷やす事で起こっている
のに、若い人達は無理に冷やして悪くなる様に
しているので、腰痛が出るのも無理ないです。

又、足の指を締め付ける事で、足の血液循環が
疎外され、足が冷える原因を作っています。

最後に、子宮内膜症が原因で起こる腰痛には
病院に行く事をお勧めします。
確かに、鍼灸で良くなる事例もありますが、
100%良くなるという保証がしかねるので
先ずは病院で診察する事が必要でしょう。

子宮筋腫の女性を快方に向かわせ、大きさが
半分になった事は、鍼灸をやった結果出ましたが
完全に無くなったわけではありません。
ただ、苦痛や腰痛は軽減し生活に支障がなくなった
だけです。

まとめ

食事は定期的にまんべんなく
足と下半身を冷やさない
カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional