腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

疲れで起こる腰痛

FrontPage

疲れで起こる腰痛

無理な姿勢を長く続けたり、中腰でちょっと重量のあるものを持ったりして
腰痛が起こる事は皆さん経験がある事と思いますが、腰の疲労が溜まっても
腰痛の原因になるようです。

それは、腰痛の周りの筋肉のバランスが崩れ易くなることで起こったりします。

腰痛を予防する点から、腰の周りの筋肉を普段からチェックして硬さを試していると
腰痛になる前にバランスを整えて腰痛になる事を防ぐ事が出来る訳です。

毎晩、入浴時に湯船で腰の周りの筋肉の硬さをチェックすると、特定の筋肉が
疲労して硬くなっていたりと言う事が分かり、湯船の中で特定の筋肉を
マッサージする事で、全体のバランスを保つ事が簡単に出来ます。

チェック方法は

  • 腰の左右の筋肉を摘まんで硬さを比較します
  • 腹筋と背筋を押して痛みとか、気持ちが良いとかの感覚が無いか比較します。
  • 腹筋は左右に分かれていますので左右の比較も行います。
  • 背筋も同様です。
    以上の筋肉が左右同じ状態なら、腰痛の起こる状態ではないのでマッサージの必要は
    無いでしょう。
    左右に差が有れば、硬いほうの筋肉をマッサージするだけです。

毎日やっていると2-3分で左右の筋肉が均等になるので対処は簡単になり
腰痛をしっかり予防できます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional