腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

筋肉が原因の腰痛予防

FrontPage

筋肉が原因の腰痛予防

人間の日常の動作は、殆ど体を前に曲げる動作が大半です。

この為、どうしても体の前側の筋肉が縮むだけで伸ばす事が
無い為、腰に負担を与えています。

長年の習慣の結果腰痛となって現れる訳です。

この腰痛を予防するには
毎日1度、体の前側の筋肉を伸展させてあげる事が必要です。

就寝前に、寝床で正座して上半身を後ろに倒してゆきます。

倒した時に、両腕は耳の両側につけています。

始めは、2-3分、慣れたら15分そのままじっとしています。

これで、体の前側の筋肉を伸ばした事になります。
やった後は腰が軽くなるはずです。

腰痛が現在ある人は、治ってから始めてください。

苦しくて、後ろに体を倒す事が出来ない人は
寝た状態で、枕をお尻に当てます(おしりを高くする)腕は耳につけて
伸ばします。

15分経ったら枕を外して、平らな状態で5分休んでください。

これを繰り返して、正座で体を後方に倒して15分いられるように
なれば、腰痛の予防は完成です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional