腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

股関節の検査と治療法

FrontPage

股関節の検査と治療法

股関節は、運動をしないと動作範囲が少なくなります。

高齢になると、歩幅が小さくなりその分でも股関節の
運動が少なくなり可動範囲が小さくなる傾向にあるようです。

可動範囲が小さくなる場合、左右全く同じに小さくなる事は
少なくどちらかの可動範囲が始め小さくなる筈です。

左右の可動範囲を比べて小さくなったほうを重点的に
元に戻す運動を行ってください。

左右が同じになったなら、次は歩幅を広げる散歩を行います。

歩幅を広げるには、足首の関節が問題です。

足首の関節は35度まで反らせる事が出来ますが、アキレス腱が
縮んでくると、90度位になってしまいます。

こうなると、歩幅を長くとる事は出来なくなり、強いては
股関節の可動範囲に影響するわけです。

アキレス腱を伸ばす運動は、階段でつま先を揃え踵は宙に浮かせて
立ちます。
片足に重心を移し踵をゆっくり下げます。
しばらくそのままの体勢で保持します。
次に反対の足を下げ保持します。

以上の運動を毎日続けると徐々にアキレス腱が伸びてきて
足首の運動が正常に戻ります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional