腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰の痛みと椅子

FrontPage

腰の痛みと椅子

椅子は大きく分類すると

  • とば口が奥より高い椅子
  • とば口が奥より低い椅子
    の2種類に分類されます。

普通に座って休息を取るには
とば口のほうが高い椅子のほうが楽になります。

それに反し
とば口の低い椅子は、作業をする時
長い時間椅子に座っている時

には、腰に負担が掛からず腰の痛みを予防してくれます。

これは、前者が骨盤後屈を起こす原因になり
後者は、骨盤を正常な状態に保つからです。

電車内で良く見掛ける座席に座って足を投げ出して
浅く腰かけている若者を見ますが、彼等はこのほうが
楽な様です。
それは骨盤が後屈してしまい、あのような体勢でないと
座る事が出来なくなっているのです。

当然、腰痛も出る筈です。

腰の痛みを予防する椅子は、特に学校や会社では
とば口の低い椅子に座る事ですが、最近の椅子は
ともすると、とば口の高い椅子が多い様です。

特に注意しなければならないのが、会社で役職が上がると
殆どがとば口の高い椅子になり、メタボで緩んだ
腹筋とのダブル効果で、腰の痛みの発生に繋がります。

まるで、早く体を壊してリタイヤして欲しいと
望んでいる様な椅子に出会ったら、

座布団を2つ折りにして、椅子の奥に置きそれから
座ります。
こうすることで、腰の負担を無くしいつまでも健康で
腰痛知らずの生活を送る事が出来ます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional