腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰の痛みと灸治療

FrontPage

腰の痛みと灸治療

腰の痛みの原因の一つに冷えが有るのはすでに述べていますが
特に足の冷えに対し、灸は効果が高く腰の筋肉を柔軟に
してくれます。

灸治療では、足首から膝までのツボに施灸して
治療する訳ですが、特に足首は冷え安く足首に灸を
すえると、足全体が温まり、腰の筋肉の凝りを解してくれます。

鍼と違い、灸は自分で、自宅で毎日出来る為、予防効果の
期待出来る優れた腰痛対策と言えます。

忙しい現代では、夜家族が集まり灸をすえ合うと言う
習慣が無くなり、治療は専門家に任せる習慣が
ついてしまいましたが、本来自分の健康は自分で守らなければ
なりません。

医師、治療家は全ての病気を救ってくれる
神様ではないからです。

自分の健康、家族の健康は、自分達で出来る限り自助努力する
するほうが、精神的、肉体的、経済的に優れています。

家族の絆が、弱くなったのも何でも他人任せにする事に
起因している様な感じを受けます。

家族が互いの健康促進の為に協力して、灸をすえ合い
助け合う事で絆が作られてゆき、家族の健康も高まる
素晴らしさを、灸治療はもっているのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、

腰の痛みを取る灸のツボは、
足首の内踝の後方指幅1本の所、
同じく、内踝の下後方角より前に指1本の内踝際
同じく、外踝の下後方角より前に指1本の外踝際
この3点、両足で6点に
灸をすると、腰の痛みが和らぎ、やがて消失します。

灸をする時には、艾をよる訳ですが慣れないと
硬過ぎて、艾の燃焼温度が上がり熱いので
はがきの下に艾を置いて、前後に移動させはがきの重量で
艾をよるようにすると、丁度良い硬さに依る事が出来ます。

艾の直径は米粒と同じになるまで、はがきで転がして
長い糸状にし適当にちぎって、すえます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional