腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰の痛みと病気

FrontPage

腰の痛みと病気

慢性的な腰の痛みと膝、足首、股関節は深い関係が有ります。

腰の痛みが有ると、下半身の血行が悪くなり同時に、腰で
動作時の衝撃を吸収するのが痛みで出来ない為、

  • 股関節
  • 膝関節
  • 足首の関節
    で分散して吸収しなければならず、負担が増える為に
    上記3か所の関節が痛みや疲労を起こし動作が制限されたり
    するからです。

それらの箇所の痛みや違和感は、長い間に少しづつ現れますので
腰の痛みとの関連を疑う事が出来にくく、個別の治療をしたのでは
長い時間が掛かります。

こうならない為にも、腰の痛みは完全に取り除いておくほうが
後々楽になります。

病院に行くと確かに医療費は自己負担は低額で済みますが、
完全に治らず、一生苦労する事になりかねません。

それよりも、鍼灸、カイロ治療で完全に治しておくほうが
長い目で見て安上がりです。

この点が、現在の日本では組織上可笑しな事になっているのは
改良して欲しい所ですね。

確かに既得権益を持つ人々は、患者さんの便宜よりも権益を
守る為に行動するのは人情で分かります。

この点でも医は算術に変わって仕舞ったようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional