腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰の痛みと腹筋

FrontPage

腰の痛みと腹筋

腰の痛みが起る割合は、腹筋の強さと逆比例します。

尤もこれは、中年以後の腰の痛みで顕著になりますが
若くて腹筋も強い人が腰の痛みを訴える事も多く
一概には言えない様です。

一般的には、腹筋が弱くなり、内臓が前に出てくる
状態は、背骨に負担をかけて、背骨が前に引っ張られ
健康な状態から、背骨が歪み腰に負担が掛かり痛みが
出るのが普通です。

これを、一時的に止める方法は、
ベルトを強く締める事で、腹圧を上げる事に依り
腰への負担を和らげて、腰の痛みを発生させる事を
防げますが、ベルトで絞めて置くと苦しいので
長くは続きません。

やっぱり、着実に無理なく腰の痛みを防ぐ方法は
腹筋を鍛える事です。

腹筋を鍛えると言っても、脂肪の溜まった腹筋を
いきなり腹筋体操できたえるよりも、ます脂肪を
燃焼させてその後で腹筋を鍛える方が速く確実に
腹筋を鍛える事が出来ます。

腹の周りの脂肪を燃焼させる方法は、
腹式呼吸で脂肪を減らし、それから
腹筋体操を行なえば確実に強くなります。

腹式呼吸は同時に若返るので体力も向上して
元気溌剌となりますね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional