腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰の痛み日常の注意点1

FrontPage

腰の痛みの日常の注意点1

人間の体は、腰に過大な負担が掛かっています。
動物の様に4足ならば、体重は分散されますが、2足では
大変です。
おまけに尾が無くなりバランスを取るのに、腰の周りの
筋肉を酷使する結果になります。

その為、腰の周りの筋肉同士のつり合いが崩れただけでも
腰痛になります。

その為には
極力、腰に負担を掛けないのが良いですが、それは
重い物を持たないとかと言う事ではなく、無理な負担、
言いかえれば無理な姿勢で負担を掛ける事が問題です。

例えば
腰を落とさずに物を持ち上げるとか、
体をねじった状態で、物を持ち上げると
どうしても、腰の周りの筋肉に影響を及ぼし、腰痛の原因
作る事に成ります。

ぎっくり腰等は、本当に日常の注意で防ぐ事が出来る腰の
痛みです。

現在、問題になっているメタボも腰の痛みの遠因になりますので
注意が必要ですね。

腹が出てくる事は、腹筋が弱くなり腰の周りの、前後の
バランスが崩れる事で、当然腰に良くないので、少しの
要因で腰痛になります。

腹筋を鍛えるとメタボには程遠くなるし、腰の前後の
筋肉のバランスが保たれて腰痛知らずで、生活を送れる
訳です。

政府がメタボ対策を奨励しているのは確かに腰の痛みの
予防にも効果があります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional