腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛が冬に多い訳

FrontPage

腰痛が冬に多い訳

腰痛は夏より冬のほうが断然多くなります。

原因は、足の冷えによる下半身の筋肉の硬直により
腰の筋肉まで硬直し易いからです。

足元が冷えると、血行が悪くなり筋肉に行く血流が
少なくなり筋肉の代謝が低下してこりが出てきます。

この筋肉のこりは腰の筋肉のこりに変わっていき腰痛となって現れます。

それを防ぐには下半身を暖かく保つ事と、適度な運動が
必要になります。

冬は外が寒いのでどうしても室内でごろごろしがちで、
運動不足も手伝い腰痛が起こりやすい環境にあると言えます。

下半身を十分に保温して、運動を適度にすると春からの腰痛が
かなり良い状態になるのも事実です。

正月等の休み中には腰痛対策もお忘れなく。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional