腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛で真直ぐ立てない時の対処法

FrontPage

腰痛で真直ぐ立てない時の対処法

腰痛が起こると、真直ぐ立てなくなりますね。

真直ぐ立つには腰を伸ばさなければならずそうすると
腰が痛みますので、怖くて腰を真直ぐに伸ばせない事も有り
どうしても、腰を曲げてしまいます。

その姿勢のほうが腰には楽だからそうなるのです。

これは普段の生活で体の前の部分の筋肉を伸ばしていない事と
同時に腰痛が起こった事で腰を伸ばせない事が重なった為です。

こうなると、寝る時の姿勢も注意しなければ夜中に
腰痛で起きる事になりかねませんし、目覚めた時には
腰や殿部が痺れている事も起こります。

寝る前には両膝の下に座布団2つ折り位の高さのクッションを
置いて寝ると、目覚めた時の腰の痛み等は起こらなくなります。

この方法は腰が痛い時だけで、痛くない時は体の前面を
伸ばす様にし予防してください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional