腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛で足がつる場合

FrontPage

腰痛で足がつる場合

腰痛が起きて足がつる場合が有ります。

この様な人は、アキレス腱が縮んでいる場合が多く日頃から、アキレス腱を伸ばす
運動をしていれば、腰痛時に足がつる事も無く、また腰痛を防ぐ事にも繋がります。

原因は、アキレス腱が縮むと大股で歩く事が出来なくなり、足から心臓に血液を
送り返すポンプの働きが止まり足えの血行が悪くなり筋肉が固くなり腰の周りの
筋肉にも影響して腰痛が起こり易い環境を作るからです。

アキレス腱を伸ばす運動は、焦らず数か月かけて行います。

階段の手摺につかまり2段目につま先で立ち、片足の踵を下ろし体重を移動すると
アキレス腱が伸びる状態になります。

無理をせずに暫くしたら反対の足の踵に体重を移し踵を下してゆきます。

踵を下ろしている時間をだんだん長く保ち1-2分保てるようになればアキレス腱は
伸びている状態に近づいています。

完全に伸びるとこの運動をしてもふくらはぎが痛む事は全く無くなります。

そうなれば、腰痛ともおさらば出来ます。

簡単な方法ですが、続ける事が最も難しいようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional