腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛とアルコール依存症

FrontPage

腰痛とアルコール依存症

腰痛を和らげるのに適度のアルコールは感覚を麻痺させるので
有効ではありますが、痛みが和らいでもさめればもと通りです。

所が、痛みが有ると酒を飲み痛みが和らぐ事が、習慣になり
アルコール依存症になる人を時々見かけます。

これでは自らを廃人にする自殺行為ですが、本人は気付いていない様です。

この、アルコールで腰痛が和らぐのは、腰の周りの筋肉内の血行が
良くなるので痛みが和らぐのですが、たまたま腰痛が起こっている時に
アルコールを飲んだら痛みが和らいだ為に、間違った道を
歩んだ様です。

それが入浴していれば、入浴が習慣になったかもしれません。

どちらも、血流を盛んにしてくれるので、腰に炎症の無い腰痛の場合は
痛みを和らげてくれます。

アルコールの場合は、それによって起こる弊害のほうが大きく
お勧めできないのは当然ですし、それによって治る事は全く無いので
慢性腰痛に直ぐ移行する状態になり、かえって治療を長引かせる
結果が待っています。

それから、鎮痛剤を飲むのもアルコールと似たようなものかもしれません。

腰を触って、他の部位より熱ければ冷やし、炎症を抑え痛みが
無くなったら、温めて以後は冷やさない様に予防する事と
腰の周りの筋肉を均等に動かす事で腰痛を予防できる所まで
やる事が、腰痛に対する喩一絶対の方法です。

痛みが取れた    腰痛が治った   では無い事を
覚えておいてください。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional