腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と休息

FrontPage

腰痛と休息

腰痛が起こると、体に力が入り普段と違う筋肉を多用する為に
疲労しやすくなります。

無理をして、疲労が進むと腰痛の回復も遅くなり、時間がかかり
悪循環です。

腰痛が起こったら、腰痛の無い時と同じに動く事は控えましょう。

体の他の部分は、問題無いので通常と同じ様に労働すると
どうしても、疲労が残るよ自覚が有るのなら問題ないですが
疲労感が無くても、体力は確実に下がっています。

腰痛の場合50-60%位の労働で十分です。

それ以上頑張るとどうしても疲労が蓄積してきます。

そうなると、腰の周りの筋肉のバランスは完全に崩れて
時には関節を動かしたりしてズレ、腰痛の治りが著しく
遅くなる原因になります。

腰痛も1つの病気と考え(病気ですが外観からは分かりません)て
養生に勤める事が腰痛にも必要の様です。

腰痛を我慢して仕事を続けると、昔の農家の老人の様に
腰が曲がってそのまま固定してしまう事も起こりえます。

そうなると、腰痛は無くなりますが生活に不便なのと
体裁が良いとは言えなくなります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional