腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と坐骨神経痛2

FrontPage

腰痛と坐骨神経痛2

腰痛も慢性になると、左右の筋肉のバランスが崩れると同時に
骨盤内の筋肉もこりが出てきます。

こうなると馬尾神経が圧迫されて坐骨神経痛を起こす場合が
あります。

坐骨神経痛はいろいろな原因がありますが、その1つが
腰痛から来る事は、容易に理解できると思います。

腰痛が痛みが無くなっても坐骨神経痛が残ったなどという
事があると、一難去ってまた一難ですね。

腰痛は、日常の動作にも気をつけなければならなくなり
不便ですが、坐骨神経痛は軽いものでも痺れを感じたり
鬱陶しく、酷くなると膝がまっすぐに伸びなくなる痛みと共に
運動制限が起こり不便なものです。

腰痛を完全に治すと、これ等の心配が無くなり(完全に無くなる
訳ではないですが)股関節の動きが正常になると
坐骨神経痛から解放されます。

私も30代中頃から、電車で1時間近く立っていると、左足
側面に痺れを感じとても不便な感じでした。

その当時は腰痛は全く有りませんでしたが、股関節が開き
それが原因で坐骨神経痛が起こりました。

股関節周りの筋肉を調整して最近では坐骨神経痛は全く
起こっていません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional