腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と妊娠

FrontPage

腰痛と妊娠

妊娠によって起こる腰痛には、

  • 妊娠初期に起こる腰痛
  • 妊娠中期以降に起こる腰痛
    の2種類が有ります。

妊娠初期に起こる腰痛は
生理時に起こる腰痛と同じ様な症状で、原因も同じ事が
多くあります。

体内のホルモンバランスの結果引き起こされる腰痛で、
漢方では、足の内踝の上指4本上った所を刺激する事で
正常に戻す事が出来ます。

妊娠中期以降に起こる腰痛は
体内の子が成長して、おなかが少しせり出す状態で
筋肉のバランスが崩れる結果起こります。

この腰痛は、疲労を貯めない、無理をしない事で
予防する以外に、普段腹筋を良く使う事で対処するのが
良い方法ですが、重心の移動を最小限に抑える方法が
疲労を起こさない方法です。

普段使う靴は、ヒール等ではない踵のしっかりした靴で
健康靴などが理想ですが、靴下も5本指の靴下で、腰の
筋肉を疲労させない配慮が必要です。

腰痛を取る方法は、足湯等で足を温める事で痛みが
軽減されますので、足の保温には特に重要です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional