腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と季節の変わり目2

FrontPage

腰痛と季節の変わり目

慢性の腰痛の人は、季節の変わり目には敏感になるのでは
ないでしょうか?

これから冬の寒さに向かう時には特に感じやすくなります。

健康な人の体は、血液で体内が温められ体全体の体温が
保たれていますが、慢性腰痛の人は腰から下の血液循環が
他と比べて良くない為、外気が下がるとより寒く感じると同時に
筋肉も収縮してきます。

当然、腰が重く感じられ腰がここにある事を嫌でも感じる訳です。

この頃から、腰の冷え対策をしておくと、冬になって比較的
腰痛に悩む事が少なくなります。

秋口の冷え対策が冬の腰痛防止のカギと言う事ですね。

冷え対策の要点は
関節部を温かくする事です。
関節部は皮下脂肪が無く、冷えに一番弱い所でなおかつ
体の重要なポイントです。
全ての血管と神経がここを通過するので、問題が起こると
即、血行が悪くなり末端の筋肉が痛んだり症状が現れます。

今はサポーターでも遠赤外線入りの物がありこの様なサポーター
を使用して足首関節部、膝関節を温かくしておくと、腰痛の
予防に効果があります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional