腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と年齢

FrontPage

腰痛と年齢

昔は、無理をして腰の曲がる人が多かった為に
腰痛は、年齢が上がると多くなる傾向にありました。

現在では、年をとっても腰が曲がる人は殆どなく、年齢による
腰痛は殆ど見掛けません。

年齢とは別に、階段から落ちたとかで尾骨を打った人は
尾骨が変形して、腰が曲がりだします。

それ以外では、開腹手術を受けた人が腹の筋肉の切断等で
起こるようです。

腰痛は若い人から年寄りまで有るのではなく、むしろ
若い人に多くなっています。

これは、履物による影響で、知らないうちに腰痛の原因
作っていた為に起こっている現象です。

唯一、腰痛で老人性の腰痛は背骨の関節が骨沈着を起こして
関節が動かなくなり起こる老人性腰痛のみです。

これも、若いうちから背骨の関節を静止させないように
していれば腰痛は防げたのですが、老人性の腰痛は発生したら
なかなか治すのに苦労します。

関節の骨化は、少しづつ関節を動かす事から始めなければなりません。

その為に時間がかかる傾向が強く、治りにくいと感じられる
訳です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional