腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と座椅子

FrontPage

腰痛と座椅子

たたみの上で使用される座椅子は、あぐらをかいてすわるのが
殆どだと思われますが、あぐらは腰に負担が大きく、特に
腰痛の時はあまりお勧めできません。

椅子は長年の研究で、腰に負担が掛からず腰痛に良いものが
出てきていますが、座椅子は制約もありまだ、腰に負担を
掛けない座椅子は残念ながら出てきていません。

座椅子を毎日お使いになるなら、背もたれの腰の当たる部分に
座布団を2つ折りにしてあてがってから座ると、腰の
部分の弯曲をサポートしてくれて、腰の疲れを低減してくれます。

それから、股関節を動かさずに極限で静止させているので
1時間に1回位、立って動いたり足を閉じる運動をして
股関節を反対側に動かしましょう。

これにより、腰痛の原因を取り去り、腰痛になるのを
防ぐ事が出来ます。

座椅子に正座して座ると、腰と股関節にはそれ程負担が
掛かりませんが、長く正座しているのは殆どの方が
負担になるので、正座で座れる座椅子(長時間使用可能な)
が出て来ると良いですね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional