腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と役職者の椅子

FrontPage

腰痛と役職者の椅子

会社では、平社員の椅子は背もたれが反らない椅子が多いですが、役職者以上の椅子は
殆どが背もたれが楽に反り返る様になっているものが多いようです。

この様な椅子は、腰痛の原因の背筋を弱くしてしまいます。

会社員は、中年になると腹が出てきて腹筋が弱ってくる人が多くそれに加えて
背筋まで弱れば確実に腰痛の原因を製造しているようなものです。

確かに、役職者は実務を多くする訳ではなくなり、机に向かう仕事は減りますが
それだからと言って、背筋を弱くして良い事にはなりません。

また腰痛を起こして良い訳でもありません。

会社が役職者の椅子を背もたれが反り返る様な椅子を用意するのはひょっとして
後が閊えて、早く退職してほしい為の策略かと思えるくらいです。

椅子の背もたれが楽に反り返るとどうしても体は腰の部分が自然な姿と
反対の方向に曲がり腰に負担が増大しおまけに背筋が働いていないので
腰の骨格が不正常な形を維持される事です。

そんな椅子で毎日過ごすと確実に腰痛が起こり易くなります。

これからは、役職になっても椅子は平社員の椅子を使用することをお勧めします。

腰痛無しに、人生を楽しく暮らすための知恵です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional