腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と旅行

FrontPage

腰痛と旅行

慢性腰痛の人が、海外旅行等をするのは大変の様です。

長い時間、飛行機のシートにじっとしていなければならない為
腰の血流が低下し、腰が重くなり次にだるくなります。

この様な症状を防ぐには、足指の運動を時々行えば
良いのですが、飛行機の座席はエコノミーは狭く
運動が出来難いのが問題です。

時々、立ってトイレや機内サービスの要望を言いに行く
位しかないので、腰痛を防ぐ事は無理の様です。

そこで、ホカロンを持参して、腰が重く感じられたら
ホカロンを腰と足首に貼ると血行が良くなり、腰痛を
感じなくて済みます。(直接、肌に貼らない様に注意)
低温火傷をしますので、皮膚とホカロンの間に靴下などを入れる。
言い換えれば靴下の上にホカロンを張る。

足首は外踝、内踝を包むようにして貼ります。

こうしておけば、機内での腰痛防止に役立ちます。

問題は、空港の外から持ち込むと確実にボディチェックで
警報が鳴りますので、出来れば免税店か、無ければ
ホカロンだけをビニール袋に入れて別に持って入ると
良い様です。

問題は、海外の空港では最小の2つだけが良い様です。

ホカロンが鉄の粉の為に、問題を起こさない様に
注意が必要の様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional