腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と日常の姿勢

FrontPage

腰痛と日常の姿勢

腰痛予防の日常の姿勢で、要注意は腰と背中を丸くする姿勢です。

この様な姿勢の典型が、胡坐をかく事です。

正座をすると足は痺れますが、腰は伸び腰の背筋に緊張が出て彎曲が保たれ腰痛防止には最も良い姿勢になります。

胡坐をかくと腰は、丸くなり腰の周りの筋肉の背筋に無理が掛り腰痛を引き起こす原因になります。

この様な姿勢を1時間も続けると、間違いなく腰痛の原因を作っている事になりますので、胡坐をかくのは出来るだけ避けるのが賢明です。

女性の場合は、胡坐をかく事はそれほど多くないでしょうが横座りをする機会が出て同じ様に腰痛の原因になります。

横座りの場合は、20-30分ごとに左右を変える事をお勧めします。

こうする事で、左右の側副筋を交互に刺激して腰痛の原因を防ぐ事が出来ます。

毎日の生活上の姿勢が腰痛の原因を作り、腰痛を予防する事も出来る事を理解していれば、腰痛に悩む人生を送らなくて済むように注意したいものです。

以上に述べた事は、通常時で腰痛が現在発生している人は、対象外です。

現在腰痛がある人は、先ず腰痛を取ってから、日常の姿勢を心掛けてください。

そうでないと、腰痛が酷くなる事も有ります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional