腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と歩き方

FrontPage

腰痛と歩き方

腰痛の人は、どうしても小股で歩くようになります。

歩幅を広くとると、腰に負担が掛る様で怖いのでどうしてもそうなりますが、
実際は、アキレス腱が伸びにくくなるために腰に負担が掛り腰痛になるので
腰痛になったから、歩幅が短くなったのではなく、歩幅が短くなったから
腰痛になり易くなったのです。

慢性腰痛になって、股関節の動きが制限されてきてその為に起こる歩幅の減少は
確かに有りますが、全ての人が歩幅が小さくなる訳では有りません。

アキレス腱が縮んで歩幅が小さくなると、腰痛が起こり易くなるのは多く目にします。

アキレス腱は幾つになってもしっかり伸ばす様にしておきたいものです。

毎日散歩をしていればアキレス腱を健康的に保持できるのですが、散歩時に
出来るだけ大股で散歩しましょう。

時々、小股で速足で安保している人を見かけますがこれでは効果は全くありません。

大股で散歩する事に散歩の効果が更に良くなり、腰痛予防にも効果的になる訳です。

これからは、朝晩は涼しくなるので足首までは保温して散歩をされると更に効果が
上がる事になります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional