腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と歩幅

FrontPage

腰痛と歩幅

腰痛の人は歩幅が小さくなる様です。

これは、歩幅が大きいと腰でバランスを取る為に腰の筋肉を
使い、痛みが出る事を恐れて自然になるようです。

そのまま、歩幅が小さくなると今度は筋肉が退化してまた
腰痛になり易くなる原因です。

普段から歩幅は大きくとる様に心掛けていると腰痛予防にもなり
老いの予防にもなる一石二鳥です。

歩幅を大きく出来るのは、アキレス腱がしっかり伸びる事と
足の筋肉が退化していないことが重要です。

どちらか一方が欠けても歩幅は大きくする事が出来なくなります。

アキレス腱を伸ばす運動は、腰痛とアキレス腱のページをご覧ください。

足の筋肉を鍛える事は、散歩でも室内で1日500歩その場で
足踏みでも良いので、足を動かす事を毎日行ってください。

以上の2点を行って居れば、歩く時には歩幅を意識して大きく
足を踏み出して、歩いてください。

1年続ければ間違いなく歩幅が広がり腰痛も無くなるでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional