腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と気温

FrontPage

腰痛と気温

気温が下がって腰痛が起こる場合は、慢性腰痛の人に
良く見られます。

この原因は、膝から下が冷えると血行が悪くなり、腰の
筋肉が緊張して起こります。

ですから、膝から下を保温していれば腰痛は起こりにくく
なります。

どんなに外見を飾っても膝から下を冷えさせると腰痛が
起こる事だけは、覚えておいて損はありません。

普通の人は、下は寒い服装で上だけを暖かい服装にして
いますが、これは大きな間違いで下半身を冷やさない事が
健康にとっても大事な事です。

特に秋の中頃から、下半身を冷さない様に心掛けていると
冬になって腰痛に悩むことが無くなります。

温めるポイントは
内踝と外踝の後方指2本の所を中心に暖かくして置きましょう。

それから、足関節の中央の合計3か所両側6か所を押さえておけば寒い時期に起こる腰痛を予防する事が出来ます。

下半身だけ、下着をつける事も勿論簡単な腰痛予防法で
効果は高く、お勧めできる方法です。

下着も秋から使用すると冬の腰痛に絶大な効果を表します。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional