腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と痛風

FrontPage

腰痛と痛風

腰痛と痛風は直接関係はありません。

問題は、痛風で足の親指関節の変形等で腰の周りの筋肉がアンバランスになる事で
腰痛が起こり易くなる事に有ります。

また、痛風発作時には激しい痛みの為にどうしても痛風の足を庇って他の足が
疲労しやすくなり、その為に腰の左右のバランスが崩れる事でも腰痛に
なり易い状態が出現します。

腰痛を防止するためには、痛風になったら十分休養を取り発作箇所を急速に冷やす
事に専念すれば、早く痛風の発作が治まり腰痛の原因を取り除くことが出来ます。

一番よくない方法は
多少痛風が痛んでも、無理して動く事でこうすると関節が破壊されるだけでなく
腰痛を起こしやすい原因を残してしまう事です。

痛風には、素早い治療と薬による痛みの除去を実行し体の筋肉のバランスの
崩れを防ぎましょう。

痛風が治まったら、足指の運動を行って元の体の状態に戻しておくことも
必要かもしれません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional