腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と股関節の回転

FrontPage

腰痛と股関節の回転

股関節の回転に依り、左右の足が寝た時に開いてしまう人
俗に言うがに股の人は股関節が回転して大腿骨が正常な位置から
ずれてしまっている人です。

こうゆう人は、外側の筋肉が発達して腰痛の原因を保持しているので
時間がある限るひざを折り曲げて内側に倒す運動を続けましょう。

こうすることで、内外の筋肉がバランスを取れ腰痛の原因
無くす事ができます。

同時に、大腿骨が股関節の正常な位置に戻り、坐骨神経痛などの
予防にもなります。

股関節の回転が有るかどうか試すには
横になり足をそろえて左右の足が同じ長さなら回転はありません。
左右の足の長さが違っていると長いほうの足の股関節が前方に
回転しています。

こんな時は30度の角度が付いた楔型の台を骨盤の真下に
反対の股関節には足の付け根に差し込んで15分くらい寝ていると
自然に回転が元の位置に戻ってきます。

こうしておくと、左右の足が同じ長さになり、体に無理な力が
働かないので、腰痛を予防する事になります。

同時に股関節の回転は、背骨をねじる様に働きますので
背骨全体の歪みも無くしてくれるので、健康にも
良いはずです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional