腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と肥満

FrontPage

腰痛と肥満

一般的に、腹が出てくると腰痛の予備軍に入ります。

これは、腰の周りの筋肉の力が落ちるのと同時に、
内蔵は前に引っ張られて背骨に圧力が加わるからです。

その為、腰のあたりで腹側に背骨が大きく曲がる圧力により
腰痛の原因になります。

これを防止するには、腹筋を鍛えることですがなかなか簡単には
行かないようです。

そこで、ダイエットと平行して腹筋を鍛えるようにすると
比較的簡単に腹筋を鍛えることができます。

この時に一番注意しなければならないのが飲酒です。

特にビールはホップと炭酸により食欲を刺激して、より多くの
食物を食べてしまいがちでその分肥満が増えます。

ビール党には辛いですが、ビールを飲むときにはカロリーの
低い野菜かおから等をつまみにするように心掛け、油の物を
取らないようにすることが必要になります。

ビールのアルコール度は低いので、脂分を取らなくても
胃を悪くすることはありませんので、心配はいりません。

その他の度数の高いアルコールは、脂肪をまず取らないと
胃が悪くなる心配があるので少量のチーズとかナッツ類を
取ってから飲酒する良いでしょう。

この時は、食欲は刺激されませんので特に注意はありませんが
飲み過ぎに注意するくらいです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional