腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と脇腹痛

FrontPage

腰痛と脇腹痛

わき腹が痛い時に病気が原因ならば病気を治療することで
腰痛になることは無いのですが、原因不明あるいは筋肉が
原因の場合には、痛みが止まったらマッサージをして
左右の筋肉の均衡を保っておきましょう。

そのままにして置くと、腰痛の原因になります。

左右の筋肉がアンバランスでいると、動作の途中で無理な力が
背骨に架かり脊柱間板をはじき出したり(ぎっくり腰)脊柱の
動きを止めてしまったりします。

こうなると、他の脊柱に無理を強い腰痛の遠因になります。

始めてならば、風呂の中で摘みマッサージを15分くらいやると
簡単に左右が均等の硬さと厚さに戻ります。

こうしておくことで、腰痛は確実に予防できます。

腰痛は痛くなってからの治療より痛くならない予防法のほうが
はるかに効果的で、直ぐ効きます。

試して損はありませんね。

腰痛になってからではどんなに短期間でも1週間、時には1ヶ月かかる
事も珍しくないのが現実です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional