腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と腹筋

FrontPage

腰痛と腹筋

腰痛は、腹筋が弱くなり腹が出て来ると起こり易くなります。

これは、胃や腸が前に出て背骨を前に引っ張る為に腰に
負担が増え、起こるからです。

腰痛を防止するには、腹筋を鍛える事ですが、キン肉マンの
様に筋骨隆々でいる必要はありません。

それではかえって腰痛になります。

腹筋と背筋のバランスを欠くからで、背筋とのバランスが
最も重要です。

腹筋は運動によって比較的簡単に鍛える事が出来ますが
背筋は、直ぐに鍛える事が難しく長時間を要します。

人間の体は、屈筋は簡単に鍛えられますが伸筋は、直ぐには
鍛えられず時間が掛かる様な構造になっています。

腹筋から鍛えたら腰痛が起こったと言うのはこうゆう理由から
起こっているのです。

皆さんは、先ず背筋から鍛えて腹筋は少しづつ鍛えて行くように
して腰痛にならずに腰痛を防止出来るようになってください。

腹筋は
足を15度位持ち上げて静止させた状態で1分
30度に持ち上げて静止させて1分を保持する。
このくらいの運動を続ける事で始めるのが、良いようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional