腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と足指変形

FrontPage

腰痛と足指変形

足の指は、長年靴を履いていると親指と小指が主に変形します。

足の親指は体が前進したりする時には重要な指です。

小指は左右のバランスを取るのになくてはならない指です。

これら2本の重要な働きをする指が変形により本来の働きを
阻害され、代わりに他の筋肉で働きを補わなければならなく
なると、腰痛に直結する筋肉が疲労しやすくなります。

疲労が溜まりやがて温度変化等で、腰痛が発生して初めて
腰痛を経験することになる訳です。

この様になる前に、足の指を正常に戻しておくことで
腰痛の心配のない状態になります。

それには、靴下と靴が重要な働きをします。

靴下と靴は毎日使うので知らず知らずに、2本の指を
変形させる働きをしています。

皆さんは、知らないうちに腰痛の素を作っているわけです。

そして分かった時には、立派な腰痛持ちになっているのです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional