腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛と車の運転

FrontPage

腰痛と車の運転

腰痛の人が車の運転をしなければならないのは、2重の
負担になります。

緊張から来る腰の怠さと、長時間運転席に座ったままで
いなければならない事で腰痛が出やすくなります。

車のシートは良く出来ている様で、腰痛には殆ど無意味な
形状のため、腰痛が出ます。

簡単な予防策は、1時間に1度運転席から離れる事ですが
交通渋滞等、なかなか思う様にいかない場合が多いです。

こんな人は、自分に合った運転シートに変える小道具を
御使用する事をお勧めします。

まず、座るシートは振動でも体がズレテ腰が前に滑らない
様なシートを敷いてその上に座ります。

次に背もたれの腰の部分にクッションを貼り付け腰が
丸くならず、腰が伸びた状態になるようにします。

これだけやると、1日運転しても、腰は伸びた状態なので
腰に負担が掛からず、腰痛を予防したくれます。

本来車の座席は前に滑りださないようになっていたのに
いつの間にか、すべりだして、腰が曲がるシートが殆どに
なってしまいました。

そろそろ、車のシートも本来の腰にやさしいシートに
戻してもらいたいものです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional