腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛に利く日常の心得

FrontPage

腰痛に効く日常の心得

1、足の指を締め付けない。
2、下半身を冷やさない。
3、腰を反らし、下腹部に力をいれる。
4、顎を突く出さず、手前に引く。
5、無理な姿勢で、力を出さない。

この5カ条を守れば、腰痛にならずに済む筈です。

それでは、各項の説明をさせて頂きます
先ず、足の指を締め付けないのは
靴下を履いても、足の指は締め付けられます。
そこで、健康靴と5本指靴下が現状では最も目的に
適った履物になります。

下半身を冷やさないは
皆さん既に御存じの事と思いますが、下半身を冷やすと
間違いなく、腰の筋肉が硬くなり、腰痛発生の準備が
整います。

腰を反らし下腹部に力を入れると
腰に懸かる圧力が最少になります。それだけ腰への
負担が減ります。

顎を突き出さず手前に引く事で
腰が自然に反らされます。

最後が、無理な姿勢で力を出さないのは
ぎっくり腰等を起こさない為の予防方法です。

ここに挙げた要点は全て日々の生活の中で
実践する事で、腰痛とは縁のない生活を送れる
様になる心得ですので、心の片隅にでも置いて
時々、虫干しして頂ければ幸いです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional