腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛に牽引がいけない訳

FrontPage

腰痛に牽引がいけない訳

腰痛の人のレントゲン写真で背骨の関節が狭くなって
神経を圧迫して起こる腰痛で、牽引を行いますが、
牽引は狭くなった関節の所だけを牽引できるなら
良いのですが、背骨全体を牽引しています。

これでは、正常な関節の所は広くなり狭いところが
良くなっても、広すぎる所が問題になります。

特に老人の場合は筋肉の弾力性が劣ってきているので
猶更問題が起こりやすくなります。

その点で、ソフトカイロプラクティクスの方法では
狭い関節のみを牽引するので効果的で後に問題も
起こりにくいようです。

鍼灸では、体液を狭くなった背骨の関節に集め関節の
狭くなるところを広げる様に仕向けています。

これは、人間が起きている間に圧迫された背骨の関節を
寝ている間に、関節内に体液が入って関節を広げる
作用と同じで、作用の弱ったのを補う事で腰痛を
解消する様にするためです。

どちらの方法でも、術後問題が起こらないのが治療には
良いようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional