腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛の前兆

FrontPage

腰痛の前兆

腰痛は突然やってくるわけでは、ありません。

腰痛になる前に、足の指が痙攣したり攣ったりする事が
起こっている筈です。

この時点で足指の運動をしていれば、腰痛になる事はないのですが
殆どの人が、気にせずに過ごしていて、突然腰痛が起こったと
言っているようです。

日頃から足指の運動をしているとこの変化に気づくのですが
全くやっていない人は、変化にも鈍感になっているので
見逃してしまいます。

病気は予防が大事と言いますが、現代生活で感受性を
鈍磨させては、予防すら難しく、日本の医療制度を
根底から放棄せざるを得ない状態まで追い込んでいます。

巷で言われる自己責任の社会とは、健康は保険で無く予防で維持する
事が重要になってきます。

今日、今からでも本ページの足指に関するページを参照して
腰痛を自分で予防できる体に保ってください。

今まで、治療を通して患者さんには足指の運動の仕方を
実践していただいてきましたが、完治後の再発は
全く聞かないので、予防が出来ているようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional