腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛の原因

FrontPage

腰痛の原因

腰痛の原因は色々有り、原因に依り当然痛みの
対処法が異なります。

では原因として考えられるものは、

1、内臓の異変が原因
2、生理が原因
3、体の歪みが原因
4、ストレスが原因
5、骨格が原因
6、足が原因
7、病気が原因

以上の様に、腰痛は原因が多い為、単一の方法では
治る事は、宝くじを当てるのに等しい位です。

では、一つ一つ事例を挙げて説明させて頂き
最初の対策を紹介していきます。

1、内臓の異変が原因

内臓が悪いと、内臓体壁反射と言って体表に現象が
現れます。例えば、胃の調子が悪いと背中の中ほど
で、背骨の両側の筋肉が痛くなります。
これと
同じ現象が腰に現れる訳です。又内臓ガンなどでも
腰痛として現れる場合があります。

単に腰痛だからと甘く見ていると、とんでもない
病気が隠れていることも事実ですので、注意が
必要です。
但し、割合は少ないので余り神経質になる事は
必要ありません。

この対策は、勿論病院に行く事が必要ですね。

2、生理が原因

女性が生理の始まる前に、腰が重くなったり
痛くなるのは、生理の機能に問題がある事もあり
腰の問題ではなく、生理が順調になるような
対策が必要です。

男性には無いですが、女性には結構有るようです。

3、体の歪みが原因

生活習慣から、背骨が曲がったり、猫背になったり
と、多くの人が何らかの変形をしていますが、
ぎっくり腰、ヘルニア等もこの中に入ります。

運動不足、左右バランスのとれた運動が不足して
体形が変形する為に起こりますが、この場合は
意識して体形を変える必要があります。

最も多い腰痛の原因と思われています。

4、ストレスが原因

長時間のドライブの後とか、翌日に腰が痛む事が
有りますが、極度に疲労した時などに起こります。

緊張が終わりほっとした瞬間にズキンとくる
腰の痛みは、ストレスからくる腰痛です。

余り多くは有りませんが、これからはどう推移するか
分かりません。

極度にストレスが多い社会になっていますので、
もっと増えるかも知れません。対策は
集中して1時間以上作業しない様にする以外
ないようです。

5、骨格が原因

外傷等で、左右の骨格が不均衡になった場合は
腰痛が出る場合があります。
この場合は、どうしても完治させるのが難しい
最もやっかいな腰痛です。
対策は、筋肉により左右のバランスを取る様に
する事です。

6、足が原因

人間は足で立って生活しています。
この足の指が靴、靴下等で変形されると、殿部の
筋肉が緊張し、左右のバランスを崩し、腰痛に
なります。

当然、ぎっくり腰になる原因も実は、足の指に有りました。

対策は、腰痛の予防 のぺーじで説明させて頂きます。

7、病気が原因

たまに、風邪等を引いた時に腰が痛くなる事があります。
これは、風邪によって咳とかクシャミによる筋肉の
緊張、弛緩が急激に起きその為に腰痛になる訳です。

これは、やはり運動不足が原因です。

腰痛の原因のまとめ

1、運動不足が原因
2、足の指に注意を

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional