腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛の原因になる座り方

FrontPage

腰痛の原因になる座り方

畳や床に座る時に、胡坐をかくか横座りは腰痛の原因になります。

胡坐をかくと腰は丸くなり背筋を伸ばす事が長時間出来ないので
腰に負担が掛り腰痛の原因になります。

横座りは腰の左右の筋肉が不均等になり、長い時間座ると
確実に腰痛の原因になります。

足の関節と漆関節には負担になりますが、正座は腰と背中を
真っ直ぐ伸ばす事が出来、腰に負担が掛らない座り方です。

椅子に座る場合は、深く腰掛ける事で背筋を背もたれで伸ばし易くなり
腰の負担が少なくなります。

会社などで、社長や幹部が座る様な椅子は、どんな座り方をしても
腰の負担が大きく、腰痛の原因を作っています。

まあ、早く引退してくれるように腰に負担のかかる椅子を用意して
腰痛に追い込むように仕向けているのでしょう。

それで世の中は進んでいるようです。

腰に負担の掛らない、椅子は小学生の使う木の椅子です。

背筋が伸びて腰痛を予防する素晴らしい椅子です。

世の中不思議なもので、わざわざ腰痛になる様な椅子を確保する為に
日夜業務に邁進するのするのがサラリーマンの宿命とは
悲し過ぎる現実です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional