腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛の症状と治療3

FrontPage

腰痛の症状と治療3

腰の前後の筋肉のバランスを取る

前の筋肉を鍛える為には、腹式呼吸法と運動を併用します。

腹式呼吸法は[30からでは遅すぎる夢の健康法>http://kaznak.seesaa.net]を参照してください。
運動は

  • 仰向けに寝て、膝を曲げて体に引き寄せます
  • 引き寄せた足を真上に伸ばします
  • ゆっくりと下ろして行きしたにつく5-10cm前で止めます
  • 2-3分そのままでいます
  • 膝を曲げて同じ動作を繰り返します(10回)

ここで注意する事は、踵をおろして行き下につけない事です。

この運動により前の筋肉は緊張が取れます。

次が後方の筋肉を鍛えることです
同じ様に、腹式呼吸法と併用なので、ここでは
筋肉の運動のみ御紹介します。

始めは、ベッドの縁などに仰向けになり両腕をベットから
垂らすようにして、背中の緊張を取ります。

だんだん慣れてきたらベットから垂らす部分を増やして
肩当たりまで垂らします。

最後には足を曲げた状態でベットから上半身を
たらせるようになると終わりです。

この段階では、腰痛も消えているでしょう。

ここまで来るにはおそらく2年位はかかるはずです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional