腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛の症状別予後2

FrontPage

腰痛の症状別予後2

4,時々腰痛が起こり痛いが痺れはない

この症状では、腰の周りの筋肉のバランスが崩れているので
1-2回の治療で痛みはほとんどなくなります。

慢性化しないように、一度根本から治療しておくことをお勧めします。

5,腰痛は全く無いが、時々腰に違和感が有り、足の外側が少し痺れる

股関節に問題があり、このままではやがて腰痛が始まり慢性化しやすいので
今のうちに治療しておきましょう。

坐骨神経痛も考えられるので、半年くらい掛かりますが諦めずに
辛抱してください。

6,臀部の筋肉が固く1時間も歩くとお尻の筋肉が痛む

この状態は、足の指による腰の筋肉緊張で、やがては腰痛に発展します。
五本指靴下と、健康靴を使えば予防でき、臀部の筋肉も痛まなく
なります。

時間は掛かりますが、完全に良くなるので毎日続けてください。

7,背中が痛み時々腰に響く

この場合は、胃の調子がいつも不調で背中の筋肉がこり、腰の
左右の筋肉のアンバランスを引き起こして腰痛になります。

まず始めに胃の健康を取り戻し、背中の痛みを取り去れば
腰痛は起こりません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional