腰痛を取り、腰痛にならなくする方法を伝授

腰痛の症状別痛みの取り方1

FrontPage

腰痛の症状別痛みの取り方1

  • まっすぐ立つと痛い場合は
    腹筋、側腹筋などが伸びにくくなっている状態ですので
    風呂にゆっくり漬かり風呂の中で腹筋、両脇腹の筋肉を
    よくマッサージすると、腰痛が軽くなるか解消されます。

腰痛でこの様な時にいくら腰をマッサージしても腰痛は
取ることはできません。

体全体の前面の筋肉が伸びにくくなっているので腰痛が無くなってから
体を反らせる運動を心掛けると腰痛予防になります。

  • 腰を曲げると痛みが出る場合
    背筋が伸びにくくなっているいるので、アキレス腱から肩まで
    背中全体をマッサージしなければなりません。

こうする事で、腰を曲げた時に腰に無理な力が加わる事が減り
腰の痛みを低減させます。

どうやるかといえば
まず
足の指を良く動かし(1000回ぐらい前後に動かす)指を引っ張ります。

次が
アキレス腱は直ぐには伸びませんので毎日階段の段差を利用して
少しづつ伸ばす

次に、膝の裏側の中央をよくマッサージします。

腿の部分は後方で押した痛いところをマッサージします。(15分)

背中は肩甲骨の周りで背骨に沿った2cmくらい離れた盛り上がったところを
強く押して痛いところをマッサージします。

以上が終われば腰は前かがみになって痛みが出なくなります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional